東北鐡馬会ブログ
岩手バイクフェスタ IN 東北鉄馬会 VOL・8
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オールドタイマー1
オールドタイマー誌6月号でイベントの告知を
掲載して頂きました。
ありがとうございました!!
(PS)
前売りステッカー販売中。
購入方法は前の記事をご覧ください。
スポンサーサイト
ishiwarizakura1.jpg
震災で「がんばれ岩手」のシンボルとなった
石割桜が満開になりました・・・
まずは内陸の人達が元気でいなければいけない!!
それが被災地復興のエネルギーになると思っています。

ishiwarizakura2.jpg
観光客もGWに県内入りしてくれれば観光地だって
潤うワケですから、これほどありがたいことはないワケです!
今年のGWは観光客が30%減だとか言っていますが、
石割桜は早朝から大勢の人で賑わっていました。
(PS)
ステッカーの販売ですが、前売りをする都合で当日に配布
ができない可能性もございますのでその際はご了承ください。
イベント開催要項はリンクのTOPをクリックしてご覧下さい。
ステッカーの販売方法もご覧いただけます。
2011サクラ2

震災から四十九日、盛岡でも桜が咲きました・・・
おそらくGW中に満開になるのでしょうが、今年、他県からの
観光客は震災の影響で少ないかもしれません。
復興支援ステッカーもGW前に間に合い、実行部の店頭で
イベント開催日へのパスポートを手にする方も多いかと思います。

2011サクラ1

リッターバイクに跨るよりも、今は昭和に跨りのんびりと
桜を楽しむ気分でもあります・・・
近所を散歩するように流せば少しだけ肌寒い軽装が桜並木
でのUターンが走る目的とすれは丁度いい感じかもしれない・・・

2011サクラ3

それにしても自然の力は凄いと思いませんか?
あれだけの震災があったのに桜はいつものように咲いているんです。
自然から与えられる喜怒哀楽もまた共存なのかもしれません・・・

*イベント開催要項はリンクのTOPをクリックしてご覧下さい!
復興支援鉄馬会2
当ブログでは本日より、実行部店頭では明日より
「東北鐡馬会 復興支援限定ステッカー」を販売致します。
尚、このステッカーは開催日当日のパスポートになりますので
バイクに貼るか?ご持参いただくか?というお願いをさせて
頂きます。

代金は1枚¥1,000(テレビ岩手24時間東日本大震災募金+入場料含む)
ブログからの購入希望は

「東北鐡馬会 復興支援オリジナルステッカー購入希望」にて
下記宛にお問い合わせください。
kamitan@uranus.dti.ne.jp
*お友達何人かとまとめ買いしていただいた方が効率はいいようです。
尚、お一人様でも販売は致します。
復興支援鉄馬会1
(実行部販売店舗)
*モトワークス・アイアンロード
*ライディング・ビレッジ
*クボトラ BIG BOX
*モトスペース ウインディ
HPはリンクしておりますのでご覧ください。
(秋田支部)
ロッソコルサ
秋田県湯沢市表町2-1-23 湯沢駅前名店街内
TEL 1083-72-3661
*ビールパブに付きPM7:00以降になります。

(お願い)
ステッカーの販売をお願いできる方、お店などありましたら
ご相談下さい。
早々に対応させて頂きますので宜しくお願い致します。
大変お待たせいたしました。
ステッカーができましたので、当ブログでは明日から、
実行部のショップさんでは4月28日よりイベント先行発売を
開始致します!
詳細は明日掲載させていただきますので宜しくお願い致します。
尚、ガレージセールのブース申し込みも本格的に開始いたします
のでリンクのTOPよりイベント開催要項をご覧ください。
ginnga.jpg
盛岡に桜の開花宣言が出ました・・・
長い冬も終わったかと思ったら山は雪化粧。
この道は、銀河高原の前の道ですが、鉄馬会の聖地は
まだ冬の静寂の中にあります。
早いもので鉄馬会の再開を宣言してから2週間が経ちました。
ここ数年・・・不況だ何だと言われながらも唯一の癒しをバイク
に求め、バイクライフを楽しんでいる方も多いことと思います。
バイクイベントが激減する中、楽しみの受け皿も無い中でバイク
に乗ることは、違う世界の仲間探しにも似ていますがソロツー
を楽しめる本物のライダーでいたいというのがライダーである
終着点の理想ではないだろうか?
常に私はそう思っております。
バイク乗りも色々なカテゴリーに分類はされますが、すべての
原点は二輪車である・・・そんな目線が仲間意識や集団心理を無く
すのではないでしょうか?
鉄馬会は一人一人が主役のミーティングです。
個人的にですが、私は他人のバイクに感化されるのが好きではありません。
マイペースライダー・・・そう思ってバイクに跨ればソロツーが楽しめる
ライダーでいれるのかもしれませんね。

(PS)
イベント開催要項はリンクのTOPをクリックして下さい!
*復興支援鉄馬会ステッカー、只今製作中ですのでGW前には
メールでの販売を開始する予定です。
枚数に限りがありますのでブログはチェックしておいて下さい。
gpz1.jpg
私は今年こそ本格的にバイクに戻ろうと思っていました・・・
バッテリーも充電して火を入れたら、後は車検と思っていた
時の震災、正直、乗りだす気力を失ってしまいました。
一番最初に三陸の海に行こう!
これは、いつものシーズンインの行事みたいなものでした。
gp1.jpg
それがどうだろう・・・
今年はバイクで三陸の海を眺めにいくことができなくなった
しまったのです。
楽しみや癒しをくれた三陸の海は、沢山の記憶と記録を
残してくれました。
なぜか私はイベントが終わるまで愛機には火を入れないこと
にしました。
これは、私なりの亡くなったライダーに捧ぐ追悼です・・・

(PS)
イベント開催要項は、リンクのTOPをクリックしてご覧下さい!
tetu2.jpg
お陰様にて今年一回目のベースを無事に終了しました・・・
晴天ではありましたが強風と寒さが厳しい環境の中、バイク
でのご参加心より感謝しております。
tetu1.jpg
各方面からイベント広報のご支援を頂き、徐々にイベントに向かう
体制もできてまいりました。
今回のイベント告知は地味なほどに、かなりマイペースなスタイル
にはなっていますが、個々のリンクに頼るほかないと思って
おりますので宜しくお願い申し上げます。
tabikaze1.jpg
去年から私的に自宅のガレージで、ライダーの皆様と
コーヒーブレイクを楽しんでおりました・・・
実は、明日、今年一発目の「紫波町ベース」を開催する
予定でいましたが、イベントも近いことなのでどなたでも
気軽に遊びにこれるように、公的な機関の駐車場で開催する
ことにしました。
001.jpg
ちなみに、こちらのベースもノンカテゴリー・・・
バイク以外に車での参加も自由ですので遊びにいらして下さい。
明日は鉄馬会に向けての皆さんのお話なども聞かせていただきたい
と思っています。
それでは、ご参加をお待ちしています!目印はパンダ顔したジムニ~です♪

*「2011 紫波町ベース」
開催日:4月17日 (日)
開催場所:石鳥谷道の駅 駐車場
時間:AM10:00~(約2時間くらい)
*参加者の皆様には、復興支援「乙印」団長オリジナルステッカー
そ差し上げる予定でおります。
枚数に限りがありますのでお早めにお越しください。

石鳥谷道の駅*アクセスはコチラをクリックして下さい。

(PS)
鉄馬会イベント開催要項はリンクのTOPをクリックしてご覧下さい!
001-1.jpg
数週間前に、私的なブログでこんな記事を掲載した。
大槌町出身のシンガーソングライター佐藤ひろ美さん
ひろみっぽい*彼女のブログ
彼女のお父様が津波で未だに行方不明になっています。
どなたか地元の方で安否確認など情報がありましたら
ご連絡下さい・・・記事掲載文

本日、二回目の連絡がご本人とお母様からあり、お父様の
消息はつかめてはいませんが、お母様と数年ぶりにお話を
することができました。

過去に紙のバイク屋の作品でお知り合いになったのが
ご縁で、私の作品モトコンポはお父様にとても大切にされていた
ということでした。

今回、ひろ美さんは大槌町への支援ということで募金活動
をされており、鉄馬会の告知にも協力してくれるとの心強い
お言葉をいただきました。

前の記事でも書かせてもらいましたが、復興よりも支援が先
だと現地に行って感じました。
被災者の方々の生活の安定こそ、復興へのエネルギーだと私は
思っています・・・
(PS)
イベント要項はリンクのTOPをクリックしてご覧下さい。
BG5.jpg
「一丸不屈」というTOPページに鉄馬会の時の
画像が掲載になっていました・・・
BG5-1.jpg
私的なことでスイマセンが、大和号も掲載になっていた
ことに本人もサプライズ・・・(-_-;)

ちなみに、大和号(GPz)は現在車検待ちの状態ですが、
今回はチャリティーオークションの商品を満載で前日に
会場入りする予定でおりますので、今年もしばらくは
ガレージのオブジェということになります。

(PS)
イベント開催要項はリンクのTOPをクリックして
ご覧下さい!!
T2008-65.jpg
鉄馬会のようなミーティングは過去に例がない・・・
国産車、外車、オン、オフ、大排気量、小排気量、
現行車から旧車まで。
メーカーの壁を越えたライダーですべての人達が参加
できるイベントである。
T2008-1.jpg
主催者は場を提供するもので、主役は個々のライダーと愛機
なのである。
しかしならが、今回は今迄のイベントとはまったく違う
ということだけは開催に先立ち理解していただきたい。

実行部のスタンスが違う・・・
派手なパフォーマンスは一切なし、したがってマナーと良識
を持ち、被災地や被災者への黙祷を捧げる意識で会場入り
される方のみと最初に申し上げておきます。

過去に「イベント継続」というテーマで何度もお話はしていますが、
意志の統一ができないイベントは継続しない。
マンネリ化したイベントも継続はしない、そんなことを主催者側は
常に危機感として持っていました。

今回は「復興支援」という大きなテーマがあります・・・
参加者の皆さん一人一人が主催者となり、意志の統一をされて
会場入りされることを希望致します・・・

(PS)
イベント要項をリンクしていますので、リンクのTOPをクリック
してご覧下さい。
*リンクのTOPをクリックしてご覧下さい。
h2.jpg
今日は、アイアンロードの社長と支援物資を避難所に
届けることにした・・・
向かった先は、大船渡と陸前高田の月山という避難所
である。
私は子供達に折り紙と動物のモチーフにした作品を届けた。
h1.jpg
老人が乗っていバイクを修理してタイヤ交換をした。
御苦労さまです・・・そう言って避難所の方がお茶と
バナナを持ってきてくれました。
私はその心遣いに涙が出る想いがしました。

大船渡は国道の上と下で明暗が分かれ、陸前高田はすべての
風景が消えていました。
h8.jpg

我々のような戦争を体験していない人間が「空襲のようだ」
「戦場のようだ」そう語るのは日本人が本来体験したDNA
からなのかもしれませんが、現地に入った瞬間に私は言葉を
失ってしまいました。
035.jpg

避難所には電気来ない、水も無いという生活をされている
方々がまだ沢山いる・・・
TVのニュースで流れている光景とはまったく違う現実が
そこにはありました。
h4.jpg

今回、一番の被災地、陸前高田では人影もほとんどなく
復興のエネルギーを感じることもありませんでした。
h3.jpg
これは、個人的な感情ですが「復興支援」という言葉を
私は勘違いしているような気がしました。
これは支援が先なのではないだろうか?
何年という区切りで復興を語る方がいますが、そんな無責任な
復興の判断をするべきではないと思ったのです。
h7.jpg

どこから手を付けて行ったらいいのだろうか?
私の正直な感想はそうでした・・・
h6.jpg

今回の震災で一本だけ残った松・・・
この一本の松が復興への願いになっているのかもしれません。

私達は被災者の方々に「頑張ってください」と軽々しく言えない
と思った・・・
ただただ明日という日の光明を祈るしかないのではないでしょうか?
被災地で笑顔に出逢えたことに私は感謝します・・・
(PS)
このコメントはあくまでも自分自身の感想を文章にした
ものですので、復興に向けて日々ご苦労されている皆様への
失礼がありましたらご勘弁下さい。
kousa.jpg
最後まで被災地入りすることを迷っていましたが、
本日、実行部の方と現地入りすることにしました。
黙祷をさせていただきます・・・
鉄ス3
鉄馬会のロゴは沢山のライダーの皆さんから愛されている・・・

その独特な書体は日本人ならではの筆字から生まれたものだ。
個人的に鉄馬会のロゴを書いてもらった友人にお願いしたのだが、
彼の妹さんも沿岸で被災者となっていました。
鉄ス2
彼自身の沢山の想いが、沢山の書体となっていたことに
妹さんを案ずる気持ちが表れていることが、私には痛いほど
伝わってきました。
震災直後に、消息の確認も取れずただただ無事を祈る日々が
続いた。
それから数日、無事との連絡があったそうです。
「よかったですね!」ここ一ヶ月で私は何度そう言っただろうか・・・
私は沢山の書体の中から力強いこの書体を選びました。
鉄ス1
今回のステッカーはこれでいきます!!
ジャパンブルーに白抜きの文字は、海と空をイメージしました。
復興の願いを色に託しました・・・


イベント要項クリックしてご覧ください。
尚、ガレージセールに関しては受付を開始致しました。
ブーススペースに限りがありますので先着順とさせていただきます。
木工房さとう
今回の震災で沿岸の友人が被災者となった・・・

「木工房さとう」の佐藤氏は震災の直後にバイクで現地入りした。
何か避難所に届けてあげれる物はなだろうか?
彼は子供達へのプレゼントを考えたのである。
木工房さとう2
私は今回、スタッフの一人として彼を誘いたいと思っている・・・

去年、彼はHーD乗りになり国産のアメリカンから念願の
バイクを手に入れた。
彼の木のバイクには大陸をイメージさせられる作品も多い。

陸前高田の避難所に幼児用に木の車、学生用にトランプを
届けた。

ある日のこと、TVのニュースで避難所の子供達がトランプを楽しんでいる
姿が目に飛び込んできた。
支援物資は食糧や衣類だけではないと私は思った・・・
masu.jpg
これは数年前に仲間とツーリングをした時の画像である・・・

もう被災地に行った方もいるかもしれないが、イベントの前に
現実を見なければという想いが私にはありました。
被災地の状況をこの目に焼き付けて同じ立場でイベントに望む
ことが必要ではないかと思ったからです。

それは、次世代に継承していかなければならない教訓という義務感から
なのかもしれませんが、どうも私の中の一歩が踏む出せないでいました。
004.jpg
人間は誰しも海や山に癒しを求めます・・・

私自身も今回の津波で親戚や友人が被災者となりとても心を
痛めていますが、正直に言って、過去の記憶と記録は美しい
三陸の風景とそこのにある楽しみしかありません。

皆が今回の震災や津波の教訓を伝えようとしているのなら、
私は過去の美しさや楽しさを伝える義務を取ればいいじゃないか!
そう思ったのです。

私の中での「事の終息を待つ」というのは長いスパンで復興を
待ち続けることなのかもしれません。
それまでは過去の記憶と記録を大切にしていたいと思うのです・・・
アイアンロード-1
*モトワークスアイアンロード
ビレッジ
*ライディングビレッジ
ビックボックス
*ビックボックス(クボトラ)
ウインディー
*モトスペースウインディー
今回、実行部となって頂きましたショップさんになります。
モトワークスアイアンロードとライディングビレッジさんは
初回からイベントを一緒に運営してきておりますが、今回、
盛岡の老舗「ビックボックス」さんと、ノンカテゴリーの
イベントらしく国産他社を扱われております、モトスペースウインディー
さんのも実行部に加わって頂き大変感謝しています。
ハーレー、カワサキ、BMW、国産他社というメーカーを問わない
スタイルが今回のイベントで実現したことを大変嬉しく思って
います。

イベント開催要項
014.jpg
それは、鐡馬会のファイナルを終えた翌年のことだった・・・

私は親しい仲間を某コミュニティーで銀河高原に誘った。
参加台数20台。

これは今だからお話ができることなのだが、こんなプレミアム
ステッカーのデザインを参加者へのサプライズとして用意しよう
と思っていました。
ファイナルでイベントを終えたはずだったのに、苦労を忘れると
実に未練だけが残る・・・
中途半端なお遊びでこの看板は背負えない。
幻のステッカーは一日限りの私の妄想でしかなかったのです・・・
DSCN1665.jpg
この画像は2回目の鐡馬会だっただろうか?

前日の台風で、ホテルの露天風呂に入りながら雨に打たれて
途方に暮れた夜があった・・・
バイクは雨では動かない。

それは、最悪の構図・・・毎回、イベント前日はそうである。
翌日の天候が気になれば眠ることができないのです。
だから、当日はいつも寝不足・・・気力でイベントを終えれば
そこには抜け殻のような自分がいます。

早朝、銀河高原の三角屋根から青空が顔を出した時のことを今でも
昨日のように思いだします。
聖地に戻る覚悟を決めた瞬間、私にはまた同じドラマが待っているのかも
しれません・・・

「開催要項」を下記サイトに掲載致しました。

『東北鐡馬会』東北大震災復興支援ミーティング 「開催要項」
akita11.jpg
秋田県湯沢市、駅前に昭和を思わせるような飲み屋街がある・・・
名店街と呼ばれているちょっと怪しげな路地。
酒の飲めない自分は50歳になった今ではネオンが苦手になった。

震災直後・・・
私宛に、この怪しげな路地の主人から一本の連絡があった。
akita13.jpg
鉄馬会秋田支部「ロッソコルサ」のT氏である・・・
彼は過去に秋田自動車道でバイクミーティングを開催したことがあり、
スーパーカブで私は高速を走るという貴重で奇妙な経験をさせて
もらったことがある。
彼とは鉄馬会ファイナルの後は一度も連絡を取っていなかった。
「地震は大丈夫でしたか?」
「お陰様で家族もバイクの無事です・・・」
「ところで・・・ですが」
私には彼が言わんとしていることが理解できた。
akita16.jpg
震災から数日・・・
やっと停電が復旧した直後にPCを覗いてみると、全国の友人から
大丈夫ですか?そんなメールが沢山届いていました。
とてもありがたい・・・そう思いながらも沿岸の友人の消息が私は
気になっいた。
内陸の人間は被災地でも被災者でもない。
停電、ガソリン不足など沢山のライフラインの障害はあったものの、
被災地や被災者のことを思えばたいしたことはないのだ。
「やりませんか!鉄馬会!」T氏は私にそう言いました。
「事の終息を待ってから考える・・・」
私は彼にそう言ったのです。
自分が今できる友人達への恩返しがあるとすれば、それは自分自身が
過去に戻るということなのかもしれません・・・

010.jpg
このトンネルを抜ければ、そこに広がるのが沢内の大自然である・・・
過去に何千台というバイクとライダーがこの地を訪れたことだろう?
実は会長の私自身が過去に鐡馬会のイベントに愛機で参加したことは
少ないのである。
いつかは参加者になって自慢の愛機で参加してみたい・・・
そう思っているうちに鐡馬会は6回目をファイナルとして終わっていました。
終わらせたというのが正しい言い方ですが・・・
007-1.jpg
『東北鐡馬会』というとライダーは皆、銀河高原ですか?
そう言いますが、あまりにも1回目のイベントが盛大だったことから
いつしかこの地は鐡馬会の聖地と呼ばれるようになった。
ホテルのA支配人とは紙のバイク屋を始めた頃からのお付き合いで、
今回の会場提供に関しても「喜んで!」そんな言葉が返ってきました。
これから、毎日、ブログを更新して皆さんに開催日に至るまでの
情報を発信していきたいと思っています。
被災地支援という大きなテーマが今回はある・・・
それを皆さんと開催日まで共有することができれば、当日は皆と
同じ想いでイベントに望めるものと信じています。
重ね重ねではありますが、当ブログのリンクをお願い申し上げます。

東北鐡馬会2004設立イベント画像
006-1.jpg
会期:2011年6月12日(日)
会場:沢内銀河高原ホテル特設駐車場
内容:ガレージセール、チャリティーオークション
*詳細は随時掲載させて頂きます。
(お願い)
今回、イベントの告知はネットを中心に作業をさせていただく
つもりでおりますので、皆様のネット上での告知はリンクフリーと
させて頂きます。
一人でも多くの方にイベントの開催を知っていただくというお願いを
させて頂きます。

尚、今回は『東北鐡馬会オリジナル復興支援ステッカー』を制作
しており、その収益を被災地への募金とする予定でおりますのでご協力のほど
宜しくお願い申し上げます。
ステッカー並びに、その他のお問い合わせに関しても後日掲載致します。
*今回、実行部としてイベント運営をしていただくショップ様並びに、会場の
沢内銀河高原ホテル様ををリンクさせて頂きました。
この度はご協力を頂き感謝申し上げます。

以上


東北鐡馬会 
会長 石田 義信
紙の單車屋 斬2

015.jpg
去年のこの時期、私はバイクには乗っていませんでした・・・
気温3℃の中、往復80キロをチラチラと雪が舞う峠道を
走る。
ゆっくり走っても寒く、それじゃ~!なんて飛ばしてみても寒い。
趣味の時間に辛さは必要ありませんよね・・・
001.jpg
奈良の友人から今回の震災復興のありがたいステッカーが届きました。
日本全国の皆様や世界各国の皆様のご支援にはとても感謝しています。

何か自分もできることはないのだろうか?
そんなことを日々考えていますが、まずはこの災害を風化させることの
ないような地道な活動が一番ではないのだろうか?
正直、私はそう思っています。

過去に東北鉄馬会は、東北と関東、関西のライダー達を結ぶライダーの輪
を作るイベントでもありました。
日本全国から参加されたバイクはファイナル開催では1000台をオーバー
するという盛大なものになった。

ここ数週間で、沿岸地区で被災されたライダー達の近況報告も入るように
なり、家もバイクも津波に流されてしまったという残念な情報も・・・

過去に鉄馬会は「再会」を合言葉に継続しての開催を中止しましたが、
近い将来、そんな「再会」を実現できる場を提供できることができれば
と思ったりしています。

もう一度、ライダーの皆様が笑顔で再会できる日が来ればいいですね・・・

プロフィール

kamitan

Author:kamitan
2012 IWATEバイクフェスタ IN 東北鉄馬会 VOL・8

平成24年6月24日(日)開催決定!!

会場:岩手山焼走り交流館特設ステージ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。